漢方医は養生して違う体質のムダ毛違う養生法

同じエアコンを吹いて、人はすぐ風邪;同様に鍋を食べて、人に食べる人があって、人の顔の上で包をすることがある……人と人との間に体の違いがあるからだ.体質は私たちの体の素質で、それは先天と明後日の多種多様な要因に影響を受けて
.

中国は体質が7種類、異なって体質が違う養生の方法、老人は特にそうです.注意するのは、ある老人はその1種の体質で,あるものは多種の体質の病状を総合した.次は漢方医の専門家はみんなに違う体質の養生法を説明することを説明して.

气虚喘息愛膨れる息――多く食べてダイズ、運動柔らか

气虚の人はよく寝汗をかく,精神がない動くことがおっくうで,ムダ毛、ものを言うのが億劫、話が多くないがしやすく、呼吸困難、なんだか疲れて力がなく.この類の人は通常の体型や少し太って痩せて、動きに息切れ、食べないでも愛膨れる息、大便は柔らかくて、成形しない.

この体質高齢者の養生の原則は気を補う修養、たくさん食べて益の息の健脾臓の食品、例えば、白インゲン豆、鶏肉、どじょう、しいたけ、ナツメ、リュウガン、蜂蜜など.食べたり食べない消耗ガスの食品、例えば檳榔樹、空心菜の大根など、生.運動はジークに、散歩、太極拳など、体力を消耗する運動と汗の運動をしない運動があります.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です