魚がムダ毛仏性

魚仏性

を聞く人が寺院大師、なぜ念仏時木魚をたたくで鶏、羊や他の何かを.大家:世界で最もまめにめぐり生物モーあまり、魚に合わないから目、涙に泳ぐ.こんなに必要でたたいて、まして人のあるべきか元の名を叩き魚で、人をたたく.

また聞いて魚の記憶力は7秒なので、楽しみもつかの間、物事に深入りしないので、いい露喜も平気で含む憂.これも暗合仏教の空きましたかどうか?

泳ぐ魚は水の中で振り子、追いかけて何でも楽しいわけでもなく、何か悩みを抜け出す.さえはまだ尾で旅行に、前世甘苦を、来世幸福過分な要求.まさに菩提本無木、どこに惹か塵?ほこりは落ちたことがあって、雑念よりはかつてない繁殖.

魚は考えない人もそれらをどう見ているか、考えない明日の非禍福、それらは涙にあちこち泳いで、食べるのが食べないが、泳ぎ続け.行脚僧のように、縁起が縁で、縁まだも無理をしない.

魚して甘木魚仏涙にたたいて、警醒自身.仏理に無数の魚警告世、私達はただせなかっただけだ.

魚の

魚はや考えているかどうかしましたか.しかし私は魚ではない、それはどう考えかどうかのお知らせ.そこでが現れたと恵子の対白:そなたは魚ではない、安んぞ魚の楽しみ、汝は私、安んぞ吾魚の楽しいか.

私私の心を化、水で魚と一緒に踊る.

古来から今まで、どんな生き物がないように古い魚もないし、どんな種類の生物の種類が多い魚.多くの命が耐えられない歴史の流れで、徐々に姿を消して、ただこの魚川から江里まで泳いでから、江里游海、海から陸へ泳いで、いつになって両棲動物.

なぜ魚の生命力がこんなに恒久?それの祖先が教えてくれたことをいかに生きるか、人と付き合う.私たちは考えたことがあって、代表しない魚も考えることがなかった.

名に泳ぐ魚かもしれない今確かに何も考えない、だからこそ退却したつむじ曲がりの思考は、思考は高いレベルの思考.だからすべての川湖海、淺水深海さえあれば、水の地方、大魚小魚が.

魚の

たとえ作物という地では、いったん水多成日洪水、しばらく、その圃場は稚魚躍動し、稚魚は知らない蟄伏どのくらいの明太子の、遇水は生まれ変わった.

それは知恵を求めず、安心して暮らし、ただのんき.多くの生物は、覇道な恐竜鼻持ちならば、いろいろ珍しいフクロオオカミ.稀有な絶滅危懼した、貴重な絶滅した.ただ魚」

☟精力剤

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です