風邪を引く咳が愈えないどれらのムダ毛民間の処方の風邪早く全快させる

咳をするのは、六淫冷えこみ、臓腑内傷、影響は肺から声をたんの証.咳が愈えない時が私達の民間の処方を選び、半分の労力で倍の成果の効果を果たすことができる.

p1、長い咳は止まらない.粟の殻を使って、筋、蜜のあぶるを纪末.5分ごとに服、蜜汤送下.

に、咳が止まらない(痰が膿).ヒヨス子で五金、まず炒め煮後、研細に加え、バターなどの鶏収蛎の量は、大きいナツメの七枚、同炒めてから油を尽くして.棗日食3枚を取る.また方:取ヒヨス子三撮丸のみにする、日服を5、6回、極検査.

さん,咳が愈えない、シオン、カントウカ各二百部の2搗れ、ふるい為末.三钱ごとに服を姜三片、ウメの実、煎茶スープ調の下.一日に二度服を着て .

4、長い咳はしていません.朝のATMで冬花1の小さい団、和え蜜少々を入れ、素焼き壷煮内焼き煙,ムダ毛、欠け缶を殘して思い起こし、タバコは喫煙、口を飲み込む.このように五日、第6日に、一食マトン饅頭、これから快気.

p> <ご、咳が自然発汗.アワ殻で二两半、蔕膜.酢を炒めて、一両とウメの2あぶって乾かす研末.1服2金、臥時お湯を入れて送る.この方は百労組が散ってから.

コホン6、長いコホンに、長年の薬は無効にして.コウモリの除去が翼、足、焦げ、研を末,重湯を服.

ななしち、肺虚咳の治療の民間の処方.人参2で、鹿角接着剤(灸た)に2、全研為末、すべての服三钱.ミント豆鼓スープ(例えばネギ)を下.

はち、咳が気がふさぐ(体腫、弱気、膨満、喉に呼吸音のないあおむける臥下).白で前2シオン、半夏各左官、トウダイグサ七合は、水に浸して成三升一夜一斗煮、分数服.羊に食べるのを避けて、家畜糖.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です