生活のムダ毛もののけ姫日光

日光は私のずっとの信仰.比類のない単純で、暖かい光が、淡く咲いて.静かなのに、また張楊、素樸なのに、単調.掬一掬の日光、起き上がりこぼして、顔に.人生、あなたは知っていますか?日光のおかげでね…………

――題辞

を見上げて、靑の時刻によって、日差しが更にすばらしい.頑固の台頭が妙にそれを見て、涙を流して、ほほほは日光が痛かったから目を.

小さい時、私は幼稚園では大きくないグラウンドで、滑り台の真ん中で、足で隣の手すり、ヤン頭太陽を見るのは、子供たちのように私をして、結局みんなの目にも涙に輝いている.心の中では、それは幼い心はほぼに耐えられず、満々あふれそうな温もり.私たちは手をつないだり日光の下で走る、思いっきりはしゃぐ.走ってたのに長い時間が長いのは、夢のように.

小さい時、私は家の入口では広い芝生の中に、あの時そう長く膝の緑の草の中にも、汚れをいとわない、静かに横になって、太陽の光を見て、草の匂いを嗅ぎながら、淡い香り、小鼻にあふれ、まるで草味の光.最高の冷たいアイスクリームよりも、いちばんよりも甘い香のお菓子.

小さい時、特に好きなお母さんに布団を干して、布団をふわふわのバルコニーで耐えた日光の一日の洗礼余計がゆるみ、ひときわ香.それは、日差しは不思議なマジック、それ読んで呪文のように、保証布団新しいのと同じように.

時、空には太陽、たとえば夜、それは日差しがイタズラにかくれんぼ.

「小さいころから

から形成した習慣的なアクション、目を細め、手を伸ばして、光を抱きしめて.

小から大日光を伴って、私は成長して、私の心をそっと撫で.

「小さいころから

大一番に心酔のプロットは、駅の窓口で、測定、1メートルの光.

時、空には太陽、たとえば昙りで、それは光に寝て、授業をサボってしまった .

「小さいころから

大、太陽も恋しい.

からも大好き、日光.

小から大の追求、日光.

時、空には太陽、たとえば雨が降って、あれは雨の機会を見てそれに月.

清、もののけ姫、彼女と私は日光の下で出会い、日光の下で知り合って、日光の下で付き合って、日光の下でそれぞれ.あの日、晴れてそんなに真実ではない、私はいつも楽しい光はあまり楽しくて、顔半分隠れて後ろに雲姉だけを殘して半窓.たぶん、彼も怖いの別れ.大丈夫、日光、あなたは私たちの友情の証!

先生で、私の間違い、意外にも挑日差しの日が集中しないで、今後、私は必ず改正は、ほら、日差しも少しうす赤く?それを見た……日光、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です