古代のムダ毛ナイアガラ芸能界にもルール」

ルールといくら新語として、しかし、一種の概念は、違う、違う分野から、また別の呼び方は、明清の官界は官界悪い慣習”は、今いくつかの業界は「慣例となっています、ルールである場合は不文律など.歴史は1部の人口に膾炙した寓話、ここに隠されている豊富なことに値して、私達を咀嚼して回想して、本文は古代から文芸界の類似が起きた現代のルールの実例に言えない、この規則は、得られる普遍遵守の人生ゲーム.

ルール1:コンテストの背後に隠れて、多分取引

漢元帝時期、後宮の人が多く、皇帝を老児忙しく.生身の総は尿窒息死、漢元帝思った方法は、御用絵師たちを探し毛延寿娘たちは画像は、画像の美醜临幸対象を決め、そこで、ルールは生.『西京雑記》の記載には諸昔ながらの宮殿は全て払っ画力は、多い10万、少ない者も減らない5万.昭君頼むルックス、独たくないと見えない.王昭軽視したルール、自然は漢元帝の临幸、最後に恨みを殘す匈奴単于、香魂長に伴う大靑山.

古人のミスコン模様だ.资治通鉴』によると、こんな話:晋武帝司馬炎选妃の物語、羊と真逆ミスコン主審.羊の味が好きで闻咸と新鮮な竹の葉、娘たちはその人を求めて、住所を撲精製塩、回を挿し笹へ誘羊.という暗黙のルールで「空前絶後である .

ルール二:新曲を求め、歌姫無料夜伽、

まで押しかけ銀

唐の大詩人刘禹锡、家の中がとても美しいばいた、某丞相大人に惚れ設計を奪い、そのため心の中はとても気がふさいで、倣照《四愁詩身を4章.彼の詩を書く才能が、非常に入れ、深く楽遊女たちの歓迎、よく交桃花運.赴任姑蘇の途中、2名乐妓て現地詩、甘んじて無償体してしまって、彼はうれしくてたまらない、悩殺、ありふれ尋常こと尽くし、蘇州の刺史腸切れ.北宋の有名な家柳永、彼の作品は広く伝わって、凡そ井戸水飲んでも歌柳語.教坊乐工と歌姫ごとに新しい腔新しいて加減して、が請求柳永の替え歌をねらって、伝世の価値を持ち上げる.長い時間、この状況はルールを求め、ある歌姫が、彼の言葉を与えて、無料柳永ベッド.京都市名妓李师师、谢玉英らも柳永されたルール」.

ルールの3:女性文学靑年、女性歌手には金持依存

古代の有名な名優のような現代の娯楽スター.元順帝至正年間の文人夏庭芝が書いた『妓楼集』の記述は、当時女文」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です