テレビはあなたのムダ毛性生活を遅らせましたか?

それぞれの家庭用電子機器が生活に不可欠な一部となっている.しかし人々は近代化生活の生活の同時に、同時にますます健康に影響を与えることに関心を持っています.さん月31日、アメリカMSNBCサイトなど、テレビやパソコン、携帯などとはステルスの“第3者」、みすみす奪わはそれを見て私たちのセックスは,ムダ毛、是非に及ばない.今年初め、イギリス調査では多くの人鳩に豆鉄砲:半分の男性は犠牲にしたくイギリス、半年の性愛,獲得を1台の無料のごじゅうインチのプラズマテレビが75%の男性と、チョコレートとセックスの選択、その前者をより魅力的.昔、イタリア性専門家は500人以上が夫婦についても、似た結果が出ているという.彼は発見し、寝る前にテレビの夫婦、平均は週に2回と生活します;寝る前に長い時間テレビを見て、その性生活の回数は大幅に下がることができます.の全国睡眠基金は、テレビ番組に耽溺、1/4人の性欲が深刻に衰退するという主要な原因によると、アメリカ全国睡眠基金は、1/4人が1/4人ともいう.これらは、寝室でテレビを見ると、性愛の興味を大幅に低下することを表明している.特に寝る前には、起伏やレトロな映画、テレビ、すべての人は、感情的には、テレビ画面に満ち溢れている、静かに生活を楽しむには、生活には、すべての生活,難しいと思っている.電子機器に影響を与える性機能の多くの研究も指摘し、人間が多すぎて接触電子機器、特に携帯、ノートパソコン、影響を与えるかもしれない男性の精子の量と質が増えて、胎児の様々な病気のリスクを使って、甚だしきに至っては人々の.多くの医学の調査結果も、携帯電話時間が長く、男性精子の数と活性が低くなり、男性が精子の数と活性化していると表明している.動物実験によると、毎日耐え携帯電話の電磁は放射ろく時間以上のネズミは、精子細胞変異、中枢神経係統が抑えられ、男性、女性の性を呼び起こす勃起機能も損なわれる.アメリカ有名な解答研究機構さん月は31日、アメリカは63%の人は、トイレで携帯電話を使っても会長の時間.37のアメリカ人は寝室にパソコンを使う.イギリス1家の研究機関の最近の報告は、イギリスじゅう個人ごとには、はち人は寝る前に、パソコンや携帯電話などの設備、いち/さんの人の習慣のベッドでメールや電子メールが、これらの人はまたさえあれば、携帯電話やパソコンを長時間不和に付き添って、夫の交流.両国性学者も指摘し、パソコンや携帯電話を助長し不安が生じて、人々はあまり注目携帯電話やパソコンからの情報は、人々の注意力を分散性愛を見落とした枕元人の底からの性愛渇望.自家製から変えてから現代な電子製品の性愛にもかかわらず多くの負の影響が、アメリカ性学専門家、MSNBC特約寄稿者ブライアン·アレクサンダー提出、電子機器に疲れて、人々は自分の選択.イギリス一句俗諺「朝に見るスポーツ記事の夫、きっと見落とし妻、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です